HOME > 事業内容トップページ > リサイクル
  • 文字のサイズ

リサイクル

「廃石膏ボードリサイクル」をはじめ、ダイセキ環境ソリューションはさまざまなリサイクル事業にも取り組んでいます。

山本 浩也

 現在、地球環境問題は、先進国だけに限らず、世界共通のグローバルなテーマとして認識されています。今まで、多くの企業は地球環境を犠牲にして経済発展を優先させてきましたが、もはやその論理は通用しないことを地球が訴えていると言っても過言ではないでしょう。
 だからこそ、環境の劣化を阻止し、あるべき状態へ回復させるための解決法(ソリューション)を有している企業の役割は、以前にも増して大きなものとなっています。NPOやボランティア団体など、草の根レベルでの運動も大切なことですが、優れた経営資源を持つ企業の活動が社会に及ぼす影響力はさらに大きなものがあります。企業経営に従事する人たちは、そういうことを強く認識する必要があるのではないでしょうか。
 私たちは、創立以来一貫して「環境」をテーマに、独自のソリューションを構築してまいりました。私たちの会社の発展は、私たちの仕事に対する社会の評価であると認識しています。企業が継続するために利益が必要であることは当然のことですが、その前に、社会にとって有益であるかどうかが問われることは言うまでもありません。
 現在、私たちは土壌汚染に関わるソリューションを主な業務としていますが、今後はさまざまな環境問題を想定し、対応してまいります。廃石膏ボードリサイクルは、その一環です。これからのダイセキ環境ソリューションにご注目ください。

廃石膏ボードリサイクル

高度経済成長時代に建設された多くの建物が、30年〜50年の時を経て建て替え時期を迎えています。そのような老朽化した建物の解体現場で今後増加が見込まれるのが廃石膏ボード。現在は埋立処分が主流ですが、リサイクルルートを確立することで、循環型社会の構築に貢献したいと考え、平成21年より新規事業として取り組んでいます。


石膏ボード

 

■お問い合わせ先

株式会社グリーンアローズ中部 TEL.052(689)3501

株式会社グリーンアローズ九州 TEL.092(957)6767

●株式会社グリーンアローズ中部 ホームページはこちら

●株式会社グリーンアローズ九州 ホームページはこちら

水銀リサイクル

水銀は人体に有害とされながらも人間社会では有用な金属。使用後は埋立てるのではなく、リサイクルすることにより国内での蓄積量を増やさないようにすることが望ましいと考えており、当社では、国内唯一の水銀リサイクル施設との連携で水銀リサイクル事業を推進しています。
野村興産(株) 水銀焙焼用ロータリーキルン
事業内容トップページへ